結果発表
結果発表

HOMEiLANDCOMPETITION2019は、「住宅+β」をテーマに2019年6月17日より応募を開始し、8月31日に締め切りました。多数の応募をいただきありがとうございました。
下記の通り、各賞を決定いたしました。また、最優秀賞に関しましては、9月25日に開催したHOMEiLANDSUMMITにて表彰させていただきました。

写真写真

受賞作品

最優秀賞 Free-Space
小原 綾子
(設計士[フリーランス])

このような賞をいただき光栄です。誰もが手に入れられる住宅とはなにかを考える上で、規格型の住宅には大きな可能性があり、私にとっても興味のあることの一つでした。今回、様々な方と一緒に新たな住宅の形を考えられる機会をいただき、とても嬉しく思います。
私の提案した案は、さまざまな用途で使いまわせる自由な空間をもった躯体をつくるということでしたが、今後この新たなプロジェクトの中でどのような形で展開していくことができるか、とても楽しみにしています。

最優秀賞 総評

今回の『住宅+β』と云うテーマに対して、世の中の変化の捉え方を”資産”として考えられているところに共感しました。
現在の住宅においては、大きな住宅に家族二人や単身等、介護や孤独死などこれから社会問題となる超高齢化社会に対してのひとつの解決策として、資産の共有や空間売却は必然となると思われます。
新たな二世帯住宅や共同住宅として、この作品はそのあたりを捉えた間取りと設計条件に合せた内容になっている事と、躯体構成が今後HiLが推し進める木造コンテナユニットの考え方にも、用いられる可能性があった為、今回の最優秀賞としました。

WHC 企画統括志 田  誠

優秀賞 SWITCH
鈴木  弦
(Nowhere-designs)
近藤 洋一
(設計士[フリーランス])

佳作 50/50-住宅と別荘-
大塚  亮
(設計士[経営者])